• 自毛植毛のメリットとデメリット

    AGAの薄毛治療にはいくつかの方法があります。
    もっとも手軽に行えるのは、市販の育毛剤を使用して育毛・発毛させる方法ですが、軽度の薄毛には効果はありますが、中度や重度の薄毛にはなかなか効果を実感することはできません。プロペシアやミノキシジルなどのAGA治療薬は、薄毛の進行を抑えたり、発毛効果を期待できる薬ですが、すべての人に効果があるわけではなく、副作用が現れるリスクもあります。



    また、使用を中止すればまた薄毛が進行してしまうため、発毛を維持するためには薬を服用し続ける必要があります。



    最近は、頭皮に直接発毛因子を注入するメソセラピーも注目されていますが、費用も高額となりますし、どこのクリニックでも行っている治療法ではないので、クリニック選びが重要となります。
    自毛植毛は、その名前の通り残された自分の毛を使用して、薄くなった部分に移植していく治療法で、一度定着した毛は一生生え続けるため、メンテナンスを行う必要もなく、もともと自分の毛なので拒絶反応もないというメリットがあります。

    自毛植毛には、メスを使用する方法と、メスを使用せずパンチを使う方法があります。
    どちらにもメリットとデメリットがありますから、施術を受ける際には、事前にきちんと説明を受け納得した上で施術を受けることが大切です。

    自毛植毛というと、高額な治療費がかかるというイメージがあるかもしれませんが、トータルで考えると、メンテナンス代も必要ありませんから、経済的といえます。