• 植毛のデメリットについて

    植毛とは自分の髪の毛や、人工的に作られた髪の毛を自分の頭皮に移植する方法です。

    自分の髪の毛を移植する、いわゆる自毛植毛は頭皮に一度定着すれば、その後生涯にわたり生え続けるため、注目を浴びています。
    また、一度施術が完了すると、定期的なメンテナンスが不要となるため、無駄な時間を必要としません。



    このように、メリットがとても多い自毛植毛ですが、デメリットも多く存在しています。


    まず、手術が一度で終らない場合があります。
    これは、特に薄毛が進行している人が何度も手術を行わなければならなくなります。また、薄毛が進行しすぎている場合に、そもそも手術を行うことができないことがあります。
    他にも、自毛植毛手術を行う際に自分の後頭部からドナーと呼ばれる手術に必要な髪の毛を取る必要があります。

    このドナーを採取できる数が決まっているため、頭部全体にドナーを移植できないことがあります。
    そうすると、手術前と状態があまり変わらないという事態も起こりえます。

    これもデメリットの1つです。

    自毛植毛は短期間で効果があらわれにくいです。
    なので、長期的な目で髪の毛がはえるのを待たなければなりません。

    すぐに、薄毛を改善したいと考えている人にとってはこれもデメリットになると思います。以上のように、手術を行うことでのメリットも多く存在しますが、同時にデメリットも多く存在します。



    安直な考えで手術を決めるのではなく、しっかりと検討した上で手術を行うようにしましょう。